ホーム > 保険治療

保険治療

治療項目と手順

治療項目と手順

整骨院において、健康保険の範囲では、原則的に、骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷、の5疾患のみの治療が認められています。これらはほとんどが急性の、外傷的症状で、これ以外のいわゆる慢性タイプの疾患は適応されません。
これらの疾患に対しては、急性期なら冷やし、その後は温めるといった外傷処置を行うことになります。

治療の手順としては、患者さんが来院されたら、問診の段階で、まず「健康保険についての解説」をお読みいただき、ご自分の症状が適応するかどうか、その基準と手続きを理解していただきます。そのうえで、患者さまの申請事項を必ず院長がチェックし、保険治療範囲内かどうかの評価は、患者さまと話し合って行います。

その結果、保険扱いが可能な疾患の場合には、その症状が発症した日時と明確な理由(例:自宅の階段ですべって足首を捻挫した、寝違えて首が痛いなど)を書類に記入する必要があります。それから治療を開始します。

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

保険治療は、適用症状である5つの急性疾患(骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷)の対処治療でしか実施できません。適用疾患があって、その手続きさえ行えば、決められた健康保険治療内での治療となります。
1回あたりの費用は、負担割合に応じて治療費の1割、3割などになりますので、自費治療よりは安くなるのが普通です。

ただし、保険治療でもぞれぞれの疾患に合わせた治療を行いますが、治療の内容(当院ではコース)や時間については、保険治療範囲内に限られてしまいます。保険治療のみの場合、治療が長期にわたる可能性もあります。

一方、自費治療は、急性疾患に限らず、慢性的な疾患などにも適用可能です。
腰痛、首痛といった慢性的な疾患をはじめ、運動器の不調をトータルに見て治療することができます。症状に応じて適切に治療時間を費やすこともできるため、自費治療はより効果が高く、時間的にも完治への早道といえます。

たとえば、肩の痛みが保険適用され保険内で治療をしても、その根本である骨格の歪みを修復する治療まではできません。
その場合は自費治療として別途、実施します。
保険治療と自費治療を組み合わせる併用治療は、原則として行うことはできません。
ただし、必要に応じて、保険治療、自費治療を使い分け、完治に向けた最善の方法で、対処することが可能です。

保険治療、自費治療について詳しいことは、お気軽に院長にお問い合わせください。