こころブログ

2014年5月31日 土曜日

腰痛予防・改善セルフストレッチメニュー③『脊柱起立筋』解説編

こころ健康ブログ第一弾は
腰痛予防・改善 セルフストレッチメニュー』を配信しております!

第3回目は『脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)』です。

今回はこの筋肉について解説していきます。




脊柱起立筋は骨盤から首あたりまで背骨に沿うように付いている
縦に細長く走っている筋肉です。

"脊柱起立筋"はいくつかの筋肉の総称で、大きく分けると...
棘筋(きょっきん)
最長筋(さいちょうきん)
腸肋筋(ちょうろっきん)
という筋肉に分けられます
(↑上の図を参考にしてイメージして下さい)


背中の深部にあり、背骨の周りを囲む大小の様々な筋肉の集まりです。
上半身を起こしたり、背筋を張ったりと
主に『姿勢の維持に働く重要な筋肉です。

また、脊柱起立筋は『抗重力筋(こうじゅうりょくきん)とも呼ばれ重力に抵抗して体を支える筋肉の一つです。

 

 

抗重力筋は"脊柱起立筋"以外にも上の図のように"体の前後"に多く存在します。
 
その中でも特に背中側の...(↑上の図の赤い文字の筋肉)
〇頚部伸筋群(けいぶしんきんぐん)←(首の後ろ側にある筋肉)
〇脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)←(背骨の周りの筋肉)
〇ハムストリングス←(太ももの裏の筋肉)
〇ヒラメ筋※ヒラメ筋は下腿三頭筋の一部←(ふくらはぎの深部にある筋肉)


以上の4つの筋肉は『主要姿勢筋群(しゅようしせいきんぐん)』と呼ばれ特に姿勢維持のために体を支える主要な役割を果たしています。


人間の重心は側面から見ると、やや前方にあります。
その為、前方に体が倒れないよう特に背中側の主要姿勢筋群が倒れないように体を起こしバランスを保っています。常に姿勢のバランスを保っているので疲労しやすい筋肉と言えます。


長時間の座っている姿勢や猫背など悪い姿勢が続くと、背中側の筋肉が、体がそれ以上前に倒れないように、頭や体を後ろへ引っ張ります。その結果"体に負担の掛かる姿勢"をとってしまいます。
気付いた時には脊柱起立筋を始めとする背中側の筋肉はガチガチに緊張してしまいます。


脊柱起立筋は大小の筋肉が多数集まって構成されていて、緊張した状態が長時間続くと血行不良に陥りやすく、筋肉が酸欠状態になります。さらに疲労物質が溜まっていき最終的に痛みとして現れます。


筋肉の柔軟性が低下し、凝り固まって背骨の動きが制限されると背骨の生理的な弯曲が乱れ、正しい姿勢の保持が困難になります。
結果、首や腰などに掛かる負担が増え肩凝りや腰痛を訴える事があります。


以上の事から、まめに脊柱起立筋のセルフストレッチを行い、疲労を溜めないでおく事が大切です‼

長くなりましたが、最後までお読み頂きましてありがとうございましたm(_ _)m


次回は『脊柱起立筋』のセルフストレッチ実践編を配信いたします‼



---------
さがみ野こころ整骨院

‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故‐
 土祝日も診療しています 
 
 気軽にご相談下さい

〒252-0005 座間市さがみ野2-7-16
Tell/fax:046-259-6135
mail:cocoroseikotuin@dream.ocn.ne.jp
hp: http://www.s-cocoro-s.com
---------


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さがみ野こころ整骨院