こころブログ

2014年5月25日 日曜日

腰痛予防・改善セルフストレッチメニュー①『腸腰筋』実践編

お待たせしました!
前回の解説編に続き『腸腰筋』のセルフストレッチ実践編を配信いたします!!

では腸腰筋のセルフストレッチの方法をご紹介します。

と、その前に...
 

☆ストレッチの際に注意する&心掛けるポイント☆
をお伝えします!

呼吸を止めないでリラックスしましょう!
弾みをつけずゆっくりと伸ばしましょう!
強い痛みを感じない様7~8割程度の強さで!
④できれば毎日の習慣として行いましょう!
急性の痛みや炎症がある時は行わない!
⑥なるべく食後2時間以上空けて行うようにしましょう!

セルフストレッチは10~20秒間(できれば30秒間)ストレッチした後10~15秒の休憩を挟み3~4セット行うのがベストです!



最初の姿勢は↓下の写真の様に伸ばしたい側の脚を後方に引き、片膝立ちなります。手は前方の太ももの上に置きます。



ここで注意点!上半身を前に倒さない様に気を付けてください。
次に背筋をまっすぐにした状態で赤い矢印の方向へ"おへそ"を突き出すように体を前方に移動します。

体を前方に移動していくと『くっ』っと痛気持ちポイントがあるのでその感覚がありましたら止めて下さい!
無理をしてそのポイント以上伸ばしていくと筋肉などを痛める恐れがありますので注意してください!

↓下の写真の様に"お腹の奥の方から太ももの前側"が伸ばされている感覚があればストレッチされています!




このストレッチの注意点はおへそを前方に突き出す際、体が前に倒れると効果が得られ難いので、なるべく胸を張り背筋を伸ばす様に行います。左右の腸腰筋を順番に自然な呼吸を意識しながら10秒~20秒間(できれば30秒間)ゆっくりとストレッチしていきます!


大事なのは伸ばしている筋肉を意識しながらリラックスして行う事です!
お風呂上がりなど筋肉が緩んでいる時に行うと効果的です。

今日から是非試してみて下さい!!
ストレッチを習慣にして腰痛知らずの健康ボディを手に入れましょ~♪

次回はお尻の筋肉
『中殿筋・大殿筋(ちゅうでんきん・だいでんきん)』の解説編を配信いたします!!





---------
さがみ野こころ整骨院

‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故‐
 土祝日も診療しています 
 
 気軽にご相談下さい

〒252-0005 座間市さがみ野2-7-16
Tell/fax:046-259-6135
mail:cocoroseikotuin@dream.ocn.ne.jp
hp: http://www.s-cocoro-s.com
---------


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さがみ野こころ整骨院