こころブログ

2014年3月10日 月曜日

地震

こんばんは。
受付の上戸ですmoon3

東日本大震災から三年が経ちますね。
日々の生活の中では忘れがちですが、この日を迎えるとあの日の記憶が思い出されます。
あの日も恵比寿から六時間掛けてバスを乗り継ぎ歩いて帰りましたweep

私は1995年の阪神大震災を神戸で体験しているのでsweat01
阪神大震災を体験した事で、私は人生も考え方も大きく変わりました。
電気ガス水道が止まり、コンビニへ長蛇の列ができ何時間も並び、レジは動かず大混乱でしたdown
給水車にも並び家まで水を運ぶのはとても重たく大変でしたsweat02
幸いな事に、オール電化の家だったので電気の復旧が一番早く電気が使えるようになって暖をとれてホッとしたのを覚えています。
ご近所さんや面識のない家族が集まって協力しながら過ごしました。

車のガソリンが少なかったので、知人がわざわざガソリンを運んできてくれて、地震から一週間後に車に最小限の荷物を積んで家族でガタガタの道を何時間も掛かって大阪市内に避難した日、大阪では普通に人々がヒールを履いて生活しているのに驚いたことを今でも忘れられません。
その数時間後に父が倒れ13年間介護の生活が続きました。

今でも色々と備えはしていますsign01
家にはもちろん水、懐中電灯、非常食、使い捨てカイロ、防寒着、キャンプ用品一式、猫の餌類、常備薬、小銭等はひとまとめにはしています。
車の中には運動靴と水は入れてあり、ガソリンも半分になったら満タンにする様にしてます。
日々、天気予報で雪や台風の予報が出ると真っ先にガソリンを満タンにしに行きますsign03
車は冷暖房の完備された個室になるので猫と一緒に何か有ったら居られる様にcoldsweats01

来年一月で阪神大震災からは20年にもなりますが、東京で生活しているとほとんど話題にも出ず、あの日の地震がなかったら今と人生が違ってたかなぁ~と、たまに考える事も有りますsweat02

辛い体験をしたことで相手の気持ちを考えられる様になり、何を求めてるのかを考えるようになれた気がします。
今でも辛い想いをしてる方が沢山居ると思いますが・・・

皆様も備えは大丈夫ですかsign02






--------
さがみ野こころ整骨院

-身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・
 交通事故治療・ムチ打ち-

土祝日も診療しています
お気軽にご相談下さい

〒252-0005 座間市さがみ野2-7-16
TEL:046-259-6135
-------




このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さがみ野こころ整骨院